ニキビ

タナカ皮膚科

ニキビの原因CAUSE

ニキビの正式名称は尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、毛穴に慢性的な炎症が起こることで生じます。毛穴の中に皮脂(皮膚のあぶら)がたまり、その内部でニキビ菌が繁殖して炎症が起きると赤いニキビが出来てしまいます。炎症が強い場合や炎症を繰り返してしまった場合などでは、毛穴の周囲の皮膚にまで悪影響を与えてしまい、凸凹した瘢痕(ニキビ痕)になってしまうことがあります。

ニキビのできる主な原因は
以下の3点と考えられています。

① 皮脂の過剰な分泌
② 毛穴の出口が角化してつまる
③ ニキビ菌の繁殖

ニキビの種類TYPE

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど様々な段階があります。

  • CASE 01

    白ニキビ(初期症状)

    ニキビの初期段階の状態で、毛穴に皮脂がつまって白っぽく見えるので「白ニキビ」と呼ばれます。痛みや腫れはありませんが、炎症を起こして赤ニキビになってしまう場合があるので、放置せずに早めに治療を開始することが大切です。

  • CASE 02

    黒ニキビ(酸化)

    白ニキビの毛穴につまった皮脂が空気に触れて酸化し、黒っぽく見える状態になったことを「黒ニキビ」と呼びます。白ニキビと同様、放置しておくと炎症につながるので、早めに治療を行うことが大切です。油分の多い化粧品やクリームが原因となっていることもあります。

  • CASE 03

    赤ニキビ(炎症)

    白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしたのが「赤ニキビ」です。ニキビの原因となるアクネ菌が、毛穴につまった皮脂を栄養分にして増殖し、炎症を起こすことが原因の一つと考えられています。赤ニキビまで悪化してしまうと治るのに時間がかかるだけでなく、凸凹したニキビ痕が残ってしまう可能性があります。炎症を抑える治療を速やかに受けることが重要です。

ニキビの治療方法TREATMENT

塗り薬

ニキビ菌の繁殖を抑える薬や、毛穴のつまりを改善する塗り薬などを処方します。症状によっては、これらの塗り薬を組み合わせて使うこともあります。塗り薬によるかぶれ(接触皮膚炎)が生じる場合がありますので、定期的に皮膚の観察を行い、安全に治療ができているか確認しながら長期的に治療を続けていくことが重要です。

飲み薬

症状によって、抗生物質(ニキビ菌の繁殖を抑える薬)などを処方します。飲み薬にアレルギーがある場合には、受診時に医師にお伝えください。

ニキビの予防方法PREVENTION

  • 規則正しい生活を

    皮脂の分泌量は、ホルモンによって影響を受けています。そのため、睡眠不足など不規則な生活習慣が続くと、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量が増加し、ニキビが悪化する原因となります。できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

  • 偏った食事はなるべく避ける

    糖分や脂質の多い食生活が続くと、皮脂の分泌量が増えてニキビが悪化する原因となります。お菓子や脂っこい食事の食べ過ぎには注意して、栄養バランスの良い食事を1日3食きちんと食べるように心がけましょう。

  • 1日2回、泡でやさしくしっかり洗顔

    洗顔によって毛穴をつまらせる余分な皮脂と汚れを落としましょう。朝と夕の1日2回、石鹸などの洗顔料をしっかり泡立てて洗顔し、泡で優しく皮膚を洗いましょう。洗顔後は、しっかりすすいで泡を洗い流しましょう。1日に何度も洗顔したり、皮膚を強くこすって洗顔したりするなど間違った洗顔を行うと、ニキビを悪化させてしまう危険性があるので注意しましょう。

  • ヘアスタイルにも注意が必要

    髪の毛が皮膚に触れると、その刺激でニキビが出来てしまうことがあります。特におでこのニキビを前髪で隠そうとすると、髪の毛がニキビを刺激してさらに悪化させてしまう場合があります。そのため、自宅にいる間などは、ヘアピンやヘアバンドなどで前髪を上げて、刺激が少なくなるように心がけましょう。

ニキビQ&AQ&A

Q.ニキビの上に化粧していいですか?
ニキビがあってもメイク禁止というわけではありませんが、ニキビを悪化させないメイクを行う必要があります。特に、メイクで毛穴を塞いでしまうとニキビが悪化しますので、油性成分を含まない(オイルフリー)または少ない化粧品、もしくはニキビ肌専用の化粧品などを使用するように心がけましょう。また帰宅後はすぐにメイクを洗い流すことも大切です。
Q.ニキビは潰した方がいいですか?
ニキビを自分で潰してしまうと、ニキビ周辺の皮膚まで過剰に傷つけてしまい、ニキビ痕が残ってしまう危険性があります。今にも潰れてしまいそうなニキビが出来てしまった場合には、自己判断で潰すことはやめて医療機関で治療を受けることが大切です。
Q.ニキビは生理と関係ありますか?
皮脂の分泌量は女性ホルモンの影響を受けます。生理1週間前には特に女性ホルモンのバランスが変化するため、皮脂の分泌量が増えてニキビが悪化しやすくなります。
Q.ニキビの治療はどれくらいの期間続ければいいですか?
ニキビ治療の目標は、ニキビ痕を残さないようにすることです。そのためには、ニキビができ始めた白ニキビの状態から治療をすぐに開始し、ニキビが悪化しないようにコントロールすることが大切です。赤ニキビなど炎症を伴ったニキビのコントロールには約3ヶ月の治療期間が必要です。炎症が改善した後も、新しいニキビができるのを防ぎ、ニキビが落ち着いた状態を維持するためには、長期的な治療が必要です。
ニキビの塗り薬は、稀にかぶれてしまう場合がありますので、定期的に皮膚の観察を行い、安全に治療ができているか確認しながら治療を続けていくことが重要です。

アクセスACCESS

名古屋駅から徒歩5分。利便性に優れた立地です。

名古屋駅からタナカ皮膚科へは、地上経路と地下経路があります。
名古屋駅『JR桜通口』から地上経路でお越しになる場合はA
『メイチカ』から『ユニモール地下街』を通ってお越しになる場合はB
『ユニモール地下街』からお越しになる場合はC をご覧ください。

(1/11) 金時計とJR高島屋の間を抜けて「桜通口」へ。
(2/11) 「桜通口」から外へ出ます。
(3/11) 斜め右方向へ進みます。
(4/11) 地下鉄出入口の脇を抜けて交差点方向へ。
(5/11) 横断歩道を渡ります。
(6/11) 渡り終えたら左に曲がります。
(7/11) 横断歩道を渡ります。
(8/11) 「PRADA」の横を直進します。
(9/11) ユニモールU3出入口の横を直進します。
(10/11) ユニモールU5出入口を右に曲がります。
(11/11) 第3堀内ビルディングに入ります。正面エレベータで4階までお越しください。
(1/18) 金時計とJR高島屋の間を抜けて「桜通口」へ。
(2/18) 「桜通口」から外へ出ます。
(3/18) 斜め右方向へ進みます。
(4/18) 地下鉄8出入口へ。
(5/18) 階段を下ります。
(6/18) 階段を下ります。
(7/18) 「GateWalk」の看板を通り斜め右方向へ進みます。
(8/18) 「メイチカ」方面へ進みます。
(9/18) 「メイチカ」を直進します。
(10/18) 道なりに直進します。
(11/18) 道なりに直進します。
(12/18) 「国際センター」方面へ進みます。
(13/18) 「国際センター駅」方面へ進みます。
(14/18) 「国際センター駅」方面へ進みます。
(15/18) ユニモール「U5」出口へ進みます。
(16/18) 「U5」出口の右側の階段を上ります。
(17/18) 第3堀内ビルディングに入ります。
(18/18) 正面エレベータで4階までお越しください。
(1/11) ユニモールに入ります。
(2/11) 道なりに直進します。
(3/11) 道なりに直進します。
(4/11) 斜め右方向へ進みます。
(5/11) 銅像の前あたりから斜め左方向へ進みます。
(6/11) 「国際センター駅」方面へ進みます。
(7/11) 「国際センター駅」方面へ進みます。
(8/11) ユニモール「U5」出口へ進みます。
(9/11) 「U5」出口の右側の階段を上ります。
(10/11) 第3堀内ビルディングに入ります。
(11/11) 正面エレベータで4階までお越しください。

◎ 名古屋駅桜通口からの地上経路

◎ 名古屋駅桜通口からの地下経路